妊娠中のインプラント治療の影響

妊娠中のインプラント治療は、妊娠安定期の5か月から7か月の間なら、骨移植などの大規模な手術でなければ受けることが可能です。妊娠中に多くの方が心配されることとして、麻酔剤の影響が考えられますが、無痛分娩で使われる量よりもはるかに少ないため、胎児への影響はほとんどありません。次に、レントゲンの影響ですが、歯科で使用するレントゲン線量は障害を引き起こす量よりもはるかに少ないため、問題ないとされておりますが、防護エプロンの着用や撮影回数を最小限にすることが大切です。

インプラントについて

インプラントとは歯を失ってしまったところに人工の歯を根元の方まで埋め込む方法です。今までは失ったところの両端の歯に負担をかけて入れ歯などの治療をしていましたが、インプラントなら両端の歯に負担をかけずに一本で独立できます。また、入れ歯の時のように食べ物のカスが入ったりしないので衛生的です。独立している歯なので、入れ歯と違い、煎餅などの硬いものもしっかり噛むことができます。見た目にも綺麗に仕上がります。ただし、定期的なメンテナンスが必要です。

↑PAGE TOP