インプラントで出っ歯を治す

インプラントが第二の永久歯とも言われていて、歯並びを治療するという用途にも利用されています。その治療方法としては歯の歯根という骨に金属で出来た器具を埋め込むという方法のため、強くしっかりと固定することができるのです。例えば出っ歯なども治すことができます。これまで矯正という方法では難しかった治療なのですが、インプラントにすることで、出っ歯があった骨の部分に器具を埋め込んで向きを調整し、歯並びが揃うように治療をすることができます。これまで治せなかった歯の矯正もできますので、治療の範囲が広がる事になります。

出っ歯を治療する方法

インプラントはいろいろな歯の治療ができます。一般的には歯周病や虫歯で歯をなくしてしまった場合に人工の歯を取り付けて治療する方法ですが、歯を矯正するような場合にも治療できます。例えば出っ歯や八重歯の治療です。基本的には矯正して治療となりますが出っ歯などは治療にとても時間がかかってしまうということと、完全に直すことは難しいのです。その点インプラント治療を行えば歯を抜く事にはなりますが、確実にきれいな歯に直すことができます。特に歯茎の骨に器具を埋め込むため、天然の歯と同じような感覚違和感もありません。

↑PAGE TOP