インプラントは無痛治療ができる

インプラントは無痛治療が可能です。手術前に注射による局所麻酔が行われるので手術の痛みはありません。注射が苦手な人は静脈への点滴やガスによる鎮静法も選ぶことができます。さらに、手術そのものに抵抗がある人も、手術前の検査結果から正確な埋め込み位置をシミュレートして必要なテンプレートを作成するフラップレスという手法なら、歯茎の切開や剥離を行うことなく施術が受けられます。この手法は手術による傷が少なくなるので手術中はもちろん術後の痛みも抑えることができます。

インプラント治療をする不安を解消

インプラントは、痛いし、費用は高額、毎回定期的にメンテナンスのために、毎回行くのはめんどう、悪いイメージを持った人が多いのは事実です。インプラントは実際に麻酔をしっかり行ってから進めていき、骨に埋め込むための外科手術なので、痛みというのはありません。また、費用は高額になりますが、メンテナンスさえしっかり行っていれば、半永久的に使うことができます。老後もしっかり噛める歯を維持できる事を期待すれば、まったく問題なくできる治療法です。

↑PAGE TOP