インプラントのメンテナンス

インプラントは、定期的なメンテナンスと、プラークコントロールが大切です。歯科医院でのメンテナンスすとして、噛み合わせのチェックやレントゲンにおる検査を行います。噛み合わせは、天然の歯とは違い歯根膜といわれるクッションとなるものがないため、噛み合わせが狂ってしまい、インプラントに過度な負担がかかり、被せ物などが破損してしまったり、歯周病が進行してしまったりします。普段のブラッシングでは落としきれない汚れを落とし、歯磨きの指導を受けたりします。普段の歯磨きによるメンテナンスもとても重要です。

歯科治療のインプラントとは

虫歯や歯周病、外傷などにより、自分自身の歯を失うことがあります。インプラント治療とは、顎骨に人工の歯根を埋め込み、そこに義歯をかぶせるというものです。入れ歯と違い、骨にしっかりと固定していますので、自分の歯と同じように使え、違和感は少ないものです。ただし、インプラントは人工の歯ですから、虫歯になるということはありませんが、骨や歯茎に細菌による炎症が起こりやすいため、毎日のお手入れと定期的な受診とメンテナンスが必要です。

↑PAGE TOP